どうして使い捨てカイロをもむと
温かくなるの?|生活の雑学

2014-08-28更新 使い捨てカイロは、燃料らしいものを使っていないのに、
もんだだけで温かくなる。
これはいったいどういう仕組みなのだろうか?
メーカーによって多少の違いがあるが、
使い捨てカイロに入っているものは、
基本的に鉄粉と塩、活性炭、水分だ。
このうち水分は、木粉などに含ませていることが多い。
これらの成分は、通気性のよい袋に入れたうえで、
空気を通さない袋に密閉されている。
使うときは、外川の空気を通さない袋から取り出すと、
空気が入り、空気叩の酸素と水分によって、鉄粉の酸化が始まる。
つまり錆びはじめる。
鉄粉はたいへん細かい粒子になっているためで、
体積のわりに空気に触れる表面積が大きいので、
酸化は短時間で進む。
使い拾てカイロに入れられた水分や塩が、
その酸化をさらに早め、活性炭は空気をよりたくさん取り入れる働きをする。
最初にもむのは、もんで空気を混ぜ合わせ、
酸化の速度を早めるためだ。
ものが酸化するときには、熱が発生する。
使い捨てカイロは、鉄粉が急速に酸化するときに出る酸化熱によって、
温かくなるというわけだ。